血圧を下げる薬

 

ノルバスクの効能や副作用とは?

血圧を下げる薬剤、いわゆる降圧剤の1つとしてノルバスクと呼ばれるものがあります。比較的、有名なお薬です。ノルバスクを服用することによって、血管を収縮させる作用があるカルシウムを平滑筋細胞に入っていくことを防ぐことで血管を広げ、血液の流れをスムーズにしていきます。効果が長続きするのも特徴であるために、日頃から高血圧の方や狭心症をお持ちの方にも大変効果を発揮します。

 

このように血圧を下げる薬剤であるノルバスクですが、服用することでめまい、眠気を引き起こすことがあります。そのため、車の運転や高所での作業などには注意が必要です。

 

また、その他にもノルバスクの副作用として頭痛や便秘、倦怠感、むくみなどを引き起こす場合もあります。さらに、肝機能障害という重度の副作用を発症する可能性があることも頭に入れておくことが大切です。このように副作用もあるために、ノルバスクは安易に個人の判断で服用するのではなく、まずは専門医の指示に従うことが大切です。

コニールの効果や副作用について

降圧剤といわれる、いわゆる血圧を下げる薬の中でも、まず最初の治療薬として用いられているのがコニールです。コニールはカルシウム拮抗薬という種類に分類される降圧剤で、血圧を上げてしまう原因となるカルシウムの血管細胞内への流入を抑制するとともに、血管そのものを広げ、血流を促進させる効果があります。

 

高血圧の治療薬として広く服用されているコニールは血糖や脂質に影響を与えない、とても安全な降圧剤です。そのため、合併症が出やすい高齢者にも処方されるなど、大変広く使用されている薬なのです。ただし、コニールは安全と言えども、多少の副作用や注意点があります。

 

コニールの副作用としてはめまいや頭痛、吐き気や歯肉の腫れなどが挙げられます。時に肝機能に影響を与えるケースもあります。また、妊娠中や授乳中の場合は、服用について事前に医師に相談することが大切です。さらに、コニールの効果をさらに強めてしまう可能性のあるグレープフルーツは、服用の際に口にしないように気を付けましょう。

ディオバンの服用と副作用の詳細

ディオバンは他にも同じような働きを持った薬が沢山ありますが、降圧薬として処方されるお薬となります。ディオバンを服用する事でもちろん血圧を下げる事は可能ですが、副作用として頭痛や頭が重く感じてしまうような感覚、また、腎機能の一時的な悪化、高カリウム血症、味覚異常、肝臓機能の一時的な低下などがあります。

 

こうしたディオバンの副作用はある程度の服用期間が経過すれば次第に収まっていくのですが、あまりにも副作用が強く出てしまったり、いつまでも副作用が治まらないと言った場合は、必ず医師に相談をしてお薬を変えて貰うなどの対処が必要になります。特に腎機能の一時的な低下は体に大きな負担を与えてしまいますので、量が少ない期間や量が出にくいと言った期間、むくみの酷い期間などが長くなってしまうようであれば、必ず受診するようにしてください。

 

ディオバンは新しいタイプの薬なので副作用も出にくいと言われていますが、ご高齢者等の場合には副作用が出やすい傾向にあるため、
特に夏場などは脱水に陥ることがありますので、気を付けましょう。また、元々持病がある人の場合には、肝臓や腎臓の機能が低下する事もありますので、万が一数値に大きな異常が出てしまうような事があれば、すぐに受診して下さい。高カリウム血症になってしまう事もあるので、定期的な検査を行って行く必要があり、忘れずに検査を受けるようにしていきましょう。ディオバンの副作用については、個人差がありますので、服用する前から、あまり怖がってしまう必要はありません。

ブロプレスの服用と注意点

血圧が上がるというのは、つまり、血管が収縮していることによって引き起こされます。高血圧症を改善するためには、血管の収縮を防ぐとともに、出来る限り広げることで血流を促進させる、血液の流れをスムーズにすることで血圧を下げることが出来ます。

 

その作用を果たしてくれる降圧剤の1つにブロプレスが挙げられます。ブロプレスはアンジオテンシンU受容体に拮抗することで、血圧を上げる働きがあるため、高血圧症の方に処方されています。その他にも心臓病や腎臓病などにも効果があるとされ、処方されるケースもあります。

 

ブロプレスの特徴は、他の降圧剤でよく見られる副作用である咳がほとんど見られません。また、めまいや倦怠感などの多少の副作用があるものの、比較的少ないのも大きなメリットであるため、長期的な治療にも適しているとされています。ただし、個人差はありますが、ブロプレスの服用で重大な副作用を引き起こすケースもまれにあるため、医師の処方をしっかり守ることがとても重要であると言えます。